JAちば東葛とは

JA ちば東葛について

JA ちば東葛について

JA ちば東葛は、千葉県北西部(野田市全域、我孫子市全域、柏市・船橋市の一部)を管内とする農業協同組合です。平成22年1月に、JA ちば県北、JA 柏市、JA 西船橋が合併して誕生しました。平成29年4月に我孫子市、柏市を管内とするJA東葛ふたばと合併し、新たなスタートをきりました。
東京近郊に位置する当JA 管内は住宅地と農地の混在地域ですが、農業は非常に盛んな地域です。利根川・江戸川沿いの低地(沖積地)には豊かな水田があり、地域の大半を占める下総台地(関東ローム層)では野菜を中心に様々な農産物を生産しています。
JA ちば東葛では、「未来につながる農業を築きあげ、組合員、地域の皆様と共に豊かな地域社会づくりを目指します」を経営理念に掲げ、これからも組合員、利用者の皆様の声に耳を傾ける「傾聴」を心掛けながら、基本方針の実践と、さらなる経営基盤、サービスの充実を図ってまいります。

JA ちば東葛の概要

JA ちば東葛の概要

JA ちば東葛の概要

店舗案内

正式名称
ちば東葛農業協同組合
代表者
代表理事組合長 勝 田 実
本店所在地
〒277-0861
千葉県柏市高田362番地
TEL:04-7140-2215
FAX:04-7140-2216
組合員数
正組合員7,919人 准組合員12,894人
職員数
279人
出資金
19億748万円
販売品取扱高
30億1,723万円
購買品取扱高
14億4,844万円
農産物直売所取扱高
3億4,829万円
貯金残高
2,475億1,988万円
貸出金残高
722億3,749万円
長期共済保有高
5,829億7,729万円

令和2年3月31日 現在

JAとは

JA(農業協同組合)とは、農業者と地域の人々が「組合員」となって、相互扶助の精神のもとに組織した非営利団体です。行政等の関係機関と連携し、組合員農家の農業経営と生活を守るとともに、より良い地域社会の構築を目指しています。
JA(農業協同組合)は、「一人がみんなのために、みんなが一人のために」という協同組合精神のもとに、肥料や農薬などの資材の共同購入、農産物の共同販売をはじめ、貯金や貸出などの信用事業、生命・建物・自動車などの共済事業、高齢者福祉、健康管理、旅行など、様々な事業を幅広く展開しています。

JAマークについて

JA とはJapan Agricultural Cooperatives の略で、農業協同組合を指す略称として1992 年4 月から使用されています。
JA マークの特徴は、その安定感のあるデザイン。「ゆるぎない大地」「日本の国土」をイメージしています。